Go to Contents Go to Navigation

韓国政権引き継ぎ委「原発稼働率の引き上げ必要」 原子力安全委から報告

記事一覧 2022.03.25 17:02

【ソウル聯合ニュース】韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)次期政権への移行を準備する政権引き継ぎ委員会は25日、原子力安全委員会から業務報告を受けた。引き継ぎ委の元壱喜(ウォン・イルヒ)首席副報道官は報告後、引き継ぎ委員の間で原発稼働率(設備利用率)の引き上げが必要だとの共通認識があったと明らかにした。引き上げの具体的な数値までは扱われなかったと伝えている。

昨年11月に韓国原子力研究院を訪れた尹錫悦氏(資料写真)=(聯合ニュース)

 尹氏は文在寅(ムン・ジェイン)大統領が推し進めてきた脱原発の撤回を掲げ、新ハヌル原発3、4号機の建設再開、原発稼働率の引き上げを公約としてきた。現在70%台となっている国内の稼働率を高め、これによって電気料金の値上げを抑えるというのが尹氏の構想だ。

 引き継ぎ委は業務報告で、文在寅政権下で原子力安全委が「政治的・理念的」な意思決定を行い、国民を不安にさせたと批判した。脱原発政策に合わせて原発稼働率を下げ、原発の建設を中断させたとの指摘だ。報道資料で原子力安全委に対し、新政権の路線に合わせて生まれ変わるよう求めた。

 引き継ぎ委は24日に行われた産業通商資源部からの業務報告でも、新ハヌル原発3、4号機の建設再開を急ぐよう求め、同部も原発政策を立て直すと表明した。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。