Go to Contents Go to Navigation

対韓国通貨でも円安進む 3年3カ月ぶりウォン高水準 

記事一覧 2022.03.28 18:11

【ソウル聯合ニュース】世界的に円安が進む中、韓国のハナ銀行が28日午後3時半に発表したウォンの対円相場は100円=996.55ウォンで、前営業日(25日)同時刻のレート(1000.21ウォン)から3.66ウォン上昇し、2018年12月14日(同995.90ウォン)以来、約3年3カ月ぶりのウォン高・円安水準となった。

ウォンの対円相場は3年3カ月ぶりのウォン高・円安となった(資料写真)=(聯合ニュース)

 ウォンと円は市場で直接取引されないため、ドルベースで計算されるクロスレートから間接的に算定される。

 米国など主要国の中央銀行が物価上昇に対応して利上げに踏み切ったのとは異なり、日本銀行が金融緩和を継続していることが円安の主な背景だ。

 エネルギー価格の上昇により日本の貿易収支が悪化するとの見通しも円安を促している。

 なかでも、日銀がこの日利回りを指定して国債を無制限に買う「指し値オペ」を実施したことが円相場の急落に拍車をかけた。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。