Go to Contents Go to Navigation

ICBM発射失敗で平壌市内に破片落下 民間に被害=韓国議員

記事一覧 2022.03.29 19:46

【ソウル聯合ニュース】韓国の国会国防委員会に所属する最大野党「国民の力」の河泰慶(ハ・テギョン)議員は29日に非公開で開催された国防部の懸案報告後、北朝鮮が16日に発射し、直後に爆発した新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星17」の破片が平壌市内に落ちて民間に被害が発生したと伝えた。

北朝鮮の朝鮮中央通信は、北朝鮮が24日に新型ICBM「火星17」を発射したと報じた=(朝鮮中央通信=聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 死者は確認されていないものの、民間人に被害が生じたという。

 河氏は「平壌市民が驚き、民心の離反が体制の不安にまで進む可能性がある状況だった」とし、「これをはやく解決するため、急いで火星17よりも旧型の火星15を発射し、火星17の発射に成功したと宣伝した」と説明した。

 北朝鮮は24日、平壌の順安飛行場付近から通常より高い角度でICBMを発射。翌日に新型の火星17だったと発表したが、韓米の軍当局は火星15だったと分析した。

 河氏は北朝鮮が火星15を火星17と偽って発表したことについて、「北朝鮮の対内的な要因が圧倒的だった」とし、「このような大型のうそは、これまでになかったと思う」と説明した。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。