Go to Contents Go to Navigation

濱口監督の特別展 来月ソウルで3作品上映=アカデミー賞受賞記念

記事一覧 2022.03.30 13:33

【ソウル聯合ニュース】日本の濱口竜介監督作「ドライブ・マイ・カー」(2021)の米アカデミー賞国際長編映画賞受賞を記念し、4月7~10日にソウル市内の映画館で特別展が催される。上映作品は「ドライブ・マイ・カー」と「ハッピーアワー」(2015)、「PASSION」(2008)の3作。

映画「PASSION」(配給会社提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 「ドライブ・マイ・カー」は村上春樹の短編小説を基にした作品で、カンヌ国際映画祭でも脚本賞を受賞している。

 「ハッピーアワー」は30代後半の4人の女性が抱える不安や悩みを描いた。

 韓国未公開作の「PASSION」は濱口氏の東京芸術大大学院の修了作品で、黒沢清監督が指導教官だった。集まった男女5人の恋愛感情や過去を浮かび上がらせる群像劇。

 特別展は複合映画館(シネコン)大手ロッテシネマのワールドタワー店と弘大入口店、メガボックスのCOEX店とアートナイン(芸術映画の専門館)で開催される。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。