Go to Contents Go to Navigation

[韓流]ジュンスとジェジュンが歌う新曲 日本のドラマ主題歌に

記事一覧 2022.03.30 14:48

【ソウル聯合ニュース】韓国の歌手、キム・ジュンスとジェジュンが、日本テレビ系の新ドラマ「悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~」の主題歌「六等星」を歌う。キム・ジュンスの所属事務所が30日、伝えた。

キム・ジュンス(左)とジェジュン(キム・ジュンスの事務所提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 このドラマは、前向きで明るい新入社員と謎の先輩が出世を目標に奮闘する姿を描く。

 「六等星」は2人のハーモニーが際立つバラードで、一生懸命働く人への応援のメッセージを込めた曲だ。

 キム・ジュンスは「日本で新曲を出すのは本当に久しぶりだ」としながら、「何よりもジェジュンと一緒に歌えることになりうれしい」とコメントした。

 2人は東方神起、JYJのメンバーとして活動。現在はそれぞれミュージカル俳優やソロ歌手として活躍している。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。