Go to Contents Go to Navigation

新韓銀行実務者に罰金刑 07年大統領選後の違法資金事件で偽証=韓国

記事一覧 2022.03.31 15:57

【ソウル聯合ニュース】韓国の新韓金融グループが違法に資金を調達して2007年の大統領選の当選者側に祝い金を渡したとされるいわゆる「南山3億ウォン」事件に絡む裁判で偽証罪に問われた新韓銀行実務者の被告2人に対し、ソウル中央地裁はこのほど、罰金1000万ウォン(約100万円)と罰金300万ウォンを命じた。地裁は、裏金作りの経緯などに関し被告が虚偽の証言をしたとの判断を示した。

ソウル中央地裁(コラージュ)=(聯合ニュースTV)

ソウル中央地裁(コラージュ)=(聯合ニュースTV)

 南山3億ウォン事件は、李明博(イ・ミョンバク)氏が当選した07年の大統領選直後、李伯淳(イ・ベクスン)新韓金融持ち株会社副社長(当時、以下同)が羅應燦(ラ・ウンチャン)同社会長の指示で裏金を作り、08年2月にソウル・南山の建物の駐車場で李明博氏の兄の李相得(イ・サンドゥク)国会議員に当選祝いの3億ウォンを渡したという疑惑。最終的に誰が3億ウォンを受け取ったのかは明らかになっていないが、裏金作りを目的に、李熙健(イ・ヒゴン)新韓銀行名誉会長の経営顧問料が本人も知らないうちに増額されていたことが分かった。

 被告の2人は当時、申相勲(シン・サンフン)新韓銀行頭取の秘書室長だった。両被告は違法な資金調達を巡る申氏らの裁判で虚偽の証言をした疑いを持たれたが、容疑を否認。19年に罰金刑の略式命令が出ると、正式裁判を申し立てた。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。