Go to Contents Go to Navigation

大統領夫人の衣装代巡る疑惑に遺憾表明 「無分別」と批判=韓国大統領府

記事一覧 2022.03.31 15:26

【ソウル聯合ニュース】韓国青瓦台(大統領府)の朴洙賢(パク・スヒョン)国民疎通首席秘書官は31日の記者会見で、文在寅(ムン・ジェイン)大統領夫人、金正淑(キム・ジョンスク)氏の衣装の購入に青瓦台の特殊活動費が使われたとする疑惑が出ていることについて、「無分別な疑惑提起に遺憾を表明する」と述べた。

会見する朴洙賢氏=31日、ソウル(聯合ニュース)

会見する朴洙賢氏=31日、ソウル(聯合ニュース)

 この疑惑を巡り、最大野党「国民の力」などは特殊活動費の内訳を公開すべきと訴えているが、朴氏は「特殊活動費は機密維持が要求される経費であり、法令にのっとり執行内訳は公開されないことになっている」とした。

 一方で、文在寅政権1年目の2017年は配分された特殊活動費予算125億ウォン(約12億6000万円)のうち約7割の88億ウォンのみ執行し、残りは国庫に返納したと説明。文政権では年平均96億5000万ウォンの特殊活動費を計上したが、これは青瓦台の特殊活動費が導入された1994年以降の歴代政権で最低水準だと強調した。

 朴氏はさらに、青瓦台の特殊活動費は監査院による監査を毎年受けているが、「一度も監査院の指摘が入ったことはない」と言葉に力を込めた。

 特殊活動費の支出内訳を公開するよう命じたソウル行政裁判所の判決を不服として青瓦台が控訴したことについても、「公開されれば国の安全保障や国益を損なう恐れがある」と述べ、やむを得ないものだったと説明した。

 青瓦台が公の場でこうした立場を表明した背景には、金氏の衣装代を巡る疑惑が広がっていることで文政権の任期末の国政運営に悪影響が及びかねないとの判断があるようだ。青瓦台の高官は記者団に、「これまで悔しくてたまらない疑惑報道もあったが、国民の声だと思って耐えていた。だが、ここ数日の状況は度を越えている」と語った。

 青瓦台は29日、金氏の衣装の購入に特殊活動費が使われたことはなく、衣装代は私費で負担したと明らかにしていた。金氏が公の行事でブランドものの高額なブローチを着用したとする疑惑なども否定した。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。