Go to Contents Go to Navigation

[韓流]BTS 今年も米グラミー賞に届かず

記事一覧 2022.04.04 15:32

【ソウル聯合ニュース】韓国の人気グループBTS(防弾少年団)が、米音楽界最高の栄誉とされるグラミー賞の受賞をまたも逃した。BTSはヒット曲「Butter」でポップ部門の賞「最優秀ポップ・デュオ/グループ・パフォーマンス賞」に2年連続でノミネートされていたが、4日(日本時間)に米ラスベガスで開催された第64回グラミー賞授賞式で同賞に輝いたのは「Kiss Me More」でコラボしたドージャ・キャットとシザだった。

授賞式の会場でポーズを取るBTS(所属事務所提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 BTSは前年、「Dynamite」で「最優秀ポップ・デュオ/グループ・パフォーマンス賞」に韓国アーティストとして初ノミネートされたが、受賞に至らなかった。昨年は5月にリリースした「Butter」が米ビルボードのメインシングルチャート「ホット100」で1位を通算10週獲得するなど大ヒット。音楽授賞式「アメリカン・ミュージック・アワード(AMA)」でアジアのアーティストとして初めて最高賞に当たる「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」を受賞したことから、グラミー賞受賞への期待が膨らんでいた。

 BTSリーダーのRM(アールエム)は授賞式に先立ちレッドカーペットでのインタビューで、「(新型コロナウイルス禍により)この2年間は大変しんどく、ひどかったが、僕たちがグラミー賞を受賞すればすべて報われ、成果を挙げることになる」と語っていた。

 今年も受賞を逃したことについて、「商業的な成果や人気よりも音楽性を重視するグラミー賞の傾向があらわれた」「ダンス音楽とボーイズグループ、アジア人アーティストに対し特に冷ややかなグラミー賞特有の保守性が影響した」などと分析はさまざまだ。BTSが昨年フルアルバムを発表しておらず、シングル「Butter」のヒットだけでは音楽的な成果のアピールには不十分だったという指摘もある。 

 ただ、2年連続でK―POPがノミネートされたこと自体は評価されている。韓国の音楽評論家、チョン・ミンジェ氏は「実際のところ、グラミーはボーイズグループを好まない部分もあり、BTSが候補に入ったことだけでも大きな意味がある」とした。

 BTSはこの日の授賞式で「Butter」のステージを披露した。授賞式でのパフォーマンスは3年連続。諜報(ちょうほう)員を思わせる黒のスーツに身を包み、華やかなパフォーマンスで会場を沸かせた。

 4月8、9、15、16日にはラスベガスでコンサートを開催する。 

BTSはグラミー賞授賞式に出席し、「Butter」を披露した(コラージュ)=(聯合ニュースTV)

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。