Go to Contents Go to Navigation

韓国次期大統領 就任日から移転先で公務開始へ=臨時執務室設置も考慮

記事一覧 2022.04.08 14:07

【ソウル聯合ニュース】韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)次期大統領は就任日の5月10日からソウル市竜山区の現国防部庁舎に移る大統領執務室で公務を開始する予定だ。

国防部では引っ越しの作業が始まった=8日、ソウル(聯合ニュース)

 尹氏の報道官を務める裵賢鎮(ペ・ヒョンジン)氏は8日の会見で、尹氏が国防部庁舎に設けられる執務室で就任初日から公務を開始したいと何度も強調したとし、就任日からの新執務室使用に焦点を合わせていると説明した。

 裵氏は国防部ができるだけ引っ越しを急ぐとの立場を明らかにしたが、セキュリティー上の問題ですぐに執務室を同部に移転できない状況であれば、臨時執務室の設置などさまざまな方策を考慮すると述べた。

 政府は6日の臨時閣議で、執務室移転費用の一部にあたる360億ウォン(約36億円)の予備費支出を承認した。これを受け、次期政権への移行を準備する政権引き継ぎ委員会は就任日に合わせ、執務室を含む主要施設の移転準備が可能になったと判断している。

 ただ、国防部が同部庁舎本館1~4階を使っている部署の移転を、韓米による定例の合同軍事演習の本演習である合同指揮所演習(4月18~28日)終了後へ先送りしたため、尹氏は就任日に臨時執務室で公務を開始することになりそうだ。

 引き継ぎ委の関係者は、執務室が同部庁舎5階に移転するとの見通しが出ていることについて「大統領の警護や身辺の安全と関連がある問題なので、どの階に執務室が設置される予定かを話すのは適切ではない」と述べた。

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。