Go to Contents Go to Navigation

韓国 けさのニュース(4月11日)

◇新規コロナ感染者9万928人 48日ぶり10万人下回る

中央防疫対策本部は11日、この日午前0時現在の国内の新型コロナウイルス感染者数は前日午前0時の時点から9万928人増えたと発表した。新規感染者数は前日に比べ7万人以上減少し、48日ぶりに10万人を下回った。

新型コロナウイルスの検査所=(聯合ニュース)

◇次期大統領が地方訪問「国民に業務報告」 朴槿恵氏とあす面会

 尹錫悦(ユン・ソクヨル)次期大統領は11日から1泊2日の日程で南東部の大邱と慶尚北道を訪問する。同地域は尹氏が所属する次期与党「国民の力」の支持基盤で、尹氏側は「国民向けに業務報告を行う」と説明した。12日には大邱にある朴槿恵(パク・クネ)前大統領の自宅を訪れ、朴氏と面会する。尹氏は検事だった2016年、朴氏を罷免に追い込んだ国政介入事件の捜査チーム長を務めており、朴氏との「悪縁」を断ち切るきっかけになるか注目される。

◇ウクライナ大統領 きょう国会でオンライン演説

 ロシアの侵攻を受けているウクライナのゼレンスキー大統領が11日午後5時から、国会でオンライン演説を行う。ゼレンスキー氏の演説は国会外交統一委員会の李光宰(イ・グァンジェ)委員長がウクライナ側に提案し、実現した。同委員会によると、与野党の国会議員が前向きに検討し、ゼレンスキー氏の国会演説を推進した。

◇保健所での迅速抗原検査中止 病院での検査に転換

 防疫当局は、新型コロナ感染者の減少や地域の病院・医院の検査体制拡大などを踏まえて保健所や臨時検査所などでの無料検査を中止し、民間中心の検査体制に転換することを決めた。これにより、新型コロナ感染が疑われる症状がある場合はセルフ検査キットを購入して検査するか、地域の病院・医院(呼吸器診療指定医療機関)や呼吸器専門クリニックで迅速抗原検査を受けることになる。受診時には診察料の3割を負担する必要がある。

◇昨年の非自発的退職者158万人 退職者全体の約半数

 経済団体の全国経済人連合会は、過去5年間の統計庁のマイクロデータを分析した結果、職場の休廃業や整理解雇などでやむを得ず退職した非自発的退職者の数が2016年の125万8000人から昨年は157万7000人に25.4%増加したと発表した。昨年の非自発的退職者の割合は、退職者全体の47.8%に上った。また、短時間就業者の数は昨年初めて200万人を突破し、雇用の質も次第に悪化していることが分かった。

◇ブルージェイズ柳賢振が乱調 6失点で四回途中降板

 米大リーグ・ブルージェイズの韓国人左腕、柳賢振(リュ・ヒョンジン)が11日(日本時間)、カナダ・トロントで行われたレンジャース戦で今季初先発し、3回1/3を投げて5安打6失点(自責点6)、4奪三振でマウンドを降りた。柳は6―1のリードを守れず、四回に集中打を浴びて降板。ブルージェイズは6―12で敗れ、開幕3連勝を逃した。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。