Go to Contents Go to Navigation

レンタカーに飲酒運転の防止装置搭載 試験事業へ=韓国

記事一覧 2022.04.11 14:27

【ソウル聯合ニュース】韓国交通安全公団は11日、飲酒運転を防ぐ装置を取り付けたレンタカーの試験運用を実施すると発表した。この装置はエンジンをかける前に運転者が飲酒していないかどうかを測定し、飲酒が確認された場合はエンジンがかからないようにする。公団は試験事業に向け、レンタカー事業者と調整中だ。

韓国交通安全公団が飲酒運転を防ぐための試験事業を実施する計画だ。写真はイメージ(ゲッティ・イメージズ・コリア提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 レンタカーでの飲酒運転による交通事故が後を絶たない。昨年は南西部・光州市の高校生が8人を乗せたレンタカーで飲酒運転をする事件もあった。

 ここ5年間、事業用自動車の交通事故による死者数は貨物車が1137人(35.9%)、タクシーが840人(26.5%)、バスが686人(21.7%)、レンタカーが505人(15.9%)の順で多かった。だが、飲酒運転による交通事故での死者はレンタカーが83人と、全体の65.4%を占める。

 また、レンタカー10万台当たりの飲酒運転での死者は2.2人で、5年間で11.4%増加した。非事業用自動車の死者が10万台当たり1.3人で13.1%減少したのとは対照的だ。

 飲酒運転防止装置の搭載は海外の一部で実施されている。公団は試験事業を通じて装置の効果と問題点を検証し、国内導入策を検討する計画だ。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。