Go to Contents Go to Navigation

大統領選費用 与党約44億円・最大野党41億円の補填請求=韓国

記事一覧 2022.04.12 14:26

【ソウル聯合ニュース】韓国の中央選挙管理委員会によると、3月の大統領選の費用として、与党「共に民主党」が438億ウォン(約44億3000万円)、最大野党「国民の力」が408億ウォンの補填(ほてん)を請求した。

大統領選翌日の3月10日、釜山市内に掲示されていた選挙ポスターが撤去されている=(聯合ニュース)

 選挙費用補填の対象は候補者の得票率が15%を超えた共に民主党と国民の力の2政党。候補者の得票率が15%を超えれば政党・候補者が支出した選挙費用全額の補填を受けられる。10~15%の場合は半額が補填される。

 大統領選で国民の力の尹錫悦(ユン・ソクヨル)候補の得票率は48.56%、共に民主党の李在明(イ・ジェミョン)候補は47.83%だった。野党「正義党」の沈相ジョン(シム・サンジョン)候補(2.37%)らは10%を超えなかったため、補填の対象にならない。

 前回の大統領選では文在寅(ムン・ジェイン)大統領が候補だった共に民主党が約481億ウォン、国民の力の前身の「自由韓国党」が341億ウォン、「国民の党」が427億ウォンの補填を請求していた。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。