Go to Contents Go to Navigation

検察捜査権の剥奪法案は「違憲」 成立阻止目指す=韓国検事総長

記事一覧 2022.04.13 10:23

【ソウル聯合ニュース】韓国革新系与党「共に民主党」が検察改革の一環として文在寅(ムン・ジェイン)大統領の任期内に検察の捜査権を剥奪する法案の成立を目指す方針を決めたことを巡り、金オ洙(キム・オス)検事総長は13日、記者団に「憲法に正面から反する」として、法案の成立を阻止する考えを示した。

大検察庁(最高検)で記者団の質問に答える金氏=13日、ソウル(聯合ニュース)

大検察庁(最高検)で記者団の質問に答える金氏=13日、ソウル(聯合ニュース)

 また、「法案は犯罪捜査を警察に独占させるということだが、憲法では捜査の主体を検事と規定している」と指摘した。

 自身の去就については、「すでに私の立場を明らかにしている」と述べた。金氏は11日、全国18の地方検察庁のトップらを招集して会議を開催し、「検察の捜査機能が廃止されれば、検事総長としてこれ以上職務を遂行する意味がない」と述べ、辞任も辞さない構えを示した。

 共に民主党は12日に議員総会を開き、検察の捜査権を剥奪する法案を4月の国会で成立させることを全会一致で決めた。ただ、法の施行時期を3カ月間猶予し、この期間に警察の権限肥大化を防ぐ案や「重大犯罪捜査庁」の設置などを議論することにした。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。