Go to Contents Go to Navigation

韓国次期政権外相に国会議員の朴振氏 米国通で日本にも精通

記事一覧 2022.04.13 11:50

【ソウル聯合ニュース】韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)次期大統領は13日、外交部長官に次期与党「国民の力」の朴振(パク・ジン)国会議員(65)を起用する人事を決めた。同日午後に発表する。

朴振氏(資料写真)=(聯合ニュース)

 朴氏は外務部(現外交部)出身で、2001年に政界入りし国会議員4期目。党内で代表的な「米国通」とされる。尹氏の当選後、韓米政策協議代表団の団長を務め、今月初旬に訪米した。東京への留学経験もあり日本にも詳しい。

 一方、統一部長官には国民の力の権寧世(クォン・ヨンセ)議員(63)が抜てきされた。権氏も4期目で、駐中大使を務めた。大統領選では中央選挙対策本部長として尹氏の当選に貢献し、現在は政権引き継ぎ委員会の副委員長を務めている。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。