Go to Contents Go to Navigation

韓国中銀が0.25%利上げ インフレ抑制図る

記事一覧 2022.04.14 11:08

【ソウル聯合ニュース】韓国銀行(中央銀行)は14日に定例の金融通貨委員会を開き、政策金利を年1.25%から1.5%に引き上げた。利上げは今年1月以来、3カ月ぶり。国内で急激な物価上昇が続いており、追加利上げでインフレ抑制を図る。

金融通貨委員会の会合の様子=14日、ソウル(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

金融通貨委員会の会合の様子=14日、ソウル(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 政策金利は昨年8月と11月、今年1月と今回の4回にわたり0.25%ずつ、計1.00%引き上げられた。

 韓銀は4月から総裁不在の状態で、ウクライナ危機などによる景気の下押し懸念も広がっていることから市場では金利据え置きの見通しもあったが、韓銀は最近のインフレ圧力を放置できないとみて追加利上げを決定した。

 ロシアのウクライナ侵攻などにより原油価格が急騰し、3月の消費者物価指数の上昇率は前年同月比4.1%と、10年3カ月ぶりに4%を上回った。今後1年の予想物価上昇率を示す期待インフレ率は2.9%と、7年11カ月ぶりの高水準となった。

 米連邦準備理事会(FRB)が大幅利上げに踏み切る可能性も考慮したようだ。

 韓銀は昨年8月、米国などの主要先進国に先んじて利上げに動いたが、韓米の金利逆転によるマネーの流出やウォン安に備え、米国との金利差をさらに広げておく必要があると判断した可能性がある。

 今回の利上げにより、米政策金利(0.25~0.50%)との差は1.00~1.25%に開いた。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。