Go to Contents Go to Navigation

韓国政府 TPP加盟推進を最終決定 

記事一覧 2022.04.15 20:12

【世宗聯合ニュース】韓国政府は15日に開かれた対外経済閣僚会議で、環太平洋経済連携協定(TPP)への加盟を推進することを最終決定した。

政府のTPP加盟推進に反対して13日に集会を開いた農業・漁業関係者(資料写真)=(聯合ニュース)

 企画財政部は、農畜産物関連や中小の製造業などセンシティブな分野の交渉に注力し、国内関連業界への対策も交渉結果に基づいて用意していくと説明。「国民の健康と安全が侵害されないよう積極的に対応する」と強調した。

 TPPは米国が離脱したことを受け、現在は日本やオーストラリア、メキシコなど11カ国が加盟している。2018年12月の発足後、英国や中国、台湾なども加盟を申請した。

 専門家らはTPPへの加盟は市場開放に伴う貿易拡大と生産、投資、雇用の増加などプラスの効果をもたらすとみている。

 ただオーストラリア、ニュージーランド、ベトナム、日本などからの農水産物の輸入が拡大し、国内の関連業界が被害を受けるとも予想している。また加盟に向けた交渉の過程で日本が、福島など8県産の水産物の輸入を禁止している韓国に対し、禁止の解除を求めることが予想される。

 政府は国会に加盟申請計画を報告した後、5月9日に退任する文在寅(ムン・ジェイン)大統領の任期内に加盟を正式に申請する予定だ。

 交渉を経て、実際に加盟するまでには1~2年以上かかるとみられる。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。