Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮が軍事パレードの準備本格化 移動式ミサイル発射台など動員

記事一覧 2022.04.18 13:14

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮が朝鮮人民革命軍(抗日遊撃隊)創建90年の記念日にあたる25日に大規模閲兵式(軍事パレード)を開催するための準備を本格化させているもようだ。

2020年10月の軍事パレードで北朝鮮が公開した新型ICBM(資料写真)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 韓国軍消息筋によると、北朝鮮は軍事パレードのリハーサルを行う平壌郊外の美林飛行場で、数千人から1万人以上の兵力を動員して準備を行っている。戦車や装甲車、航空機、ミサイルの移動式発射台などを含む多くの軍装備も美林飛行場に集められているようだ。韓国軍は、軍事パレードには最大2万人以上の兵力が動員されると見込んでいる。

 北朝鮮は軍事パレードで、多弾頭型大陸間弾道ミサイル(ICBM)や潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)、小型の核弾頭を搭載できる新型の中・短距離弾道ミサイルを公開する可能性もある。

 韓米両軍は18日、合同軍事演習を開始した。両国は28日までの演習期間中に北朝鮮が軍事挑発を行う事態に備え、監視・対応態勢を強化している。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。