Go to Contents Go to Navigation

韓国映画がけん引 1~3月期の映画産業売上高52%増

記事一覧 2022.04.19 14:37

【ソウル聯合ニュース】韓国の映画振興委員会は19日、国内映画産業の1~3月期の売上高は1135億ウォン(約118億円)で前年同期比52%増加したと発表した。観客数も1178万人と44.5%増えた。「パイレーツ:失われた王家の秘宝」をはじめとする韓国映画3作が好調だった。

「パイレーツ:失われた王家の秘宝」(配給会社提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 昨年1~3月期は新型コロナウイルスの流行「第3波」のあおりで映画の公開本数自体が少なく、50万人以上の観客を動員した韓国映画は1作品もなかった。

 一方、今年1~3月期に韓国映画は「パイレーツ」が133万人、「キングメーカー(原題)」が78万人、「警官の血(原題)」が68万人の観客を集めた。韓国映画の観客数は計449万人で前年同期の3.7倍、売上高はほぼ4倍の426億ウォンに上った。

 ただ、3月だけをみると、映画産業全体の売上高は前年同月比10.5%減の270億ウォン、観客数は14.2%減の279万人にとどまった。米ハリウッド大作の「THE BATMAN―ザ・バットマン―」「ムーンフォール(原題)」、韓国映画の「不思議の国の数学者(原題)」「熱い血(原題)」など新作が毎週封切られたものの、興行成績は伸び悩んだ。

「バットマン」シリーズ最新作の「THE BATMAN―ザ・バットマン―」(配給会社提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫
俳優チェ・ミンシク主演の「不思議の国の数学者(原題)」(配給会社提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。