Go to Contents Go to Navigation

ロシアと中国の軍用機が韓国防空識別圏に先月進入 戦闘機出撃

記事一覧 2022.04.19 15:13

【ソウル聯合ニュース】ロシアと中国の軍用機が先月、韓国防空識別圏(KADIZ)にそれぞれ進入し、韓国空軍の戦闘機が出撃していたことが19日、分かった。

飛行するF15K戦闘機(資料写真、空軍提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 韓国軍当局によると、ロシアの軍用機2機が先月24日午前11時ごろ、朝鮮半島東の東海上空のKADIZに進入した。軍は軍用機の進入前から戦闘機を出撃させて「戦術措置」を取ったとされる。戦術措置とは他国の軍用機と交信してKADIZから出るよう求め、軍用機が韓国領空に入る事態を防ぐことを指す。

 ロシアの軍用機は韓国側への予告なしで進入し、警告通信にも応じなかったという。この2機は30分ほど飛行した後、KADIZを出た。

 同じ日の午後2時半ごろには、北朝鮮が東海に向けて大陸間弾道ミサイル(ICBM)を発射している。

 同月23日にも、中国の軍用機1機が韓国南部・済州島の南の岩礁、離於島付近のKADIZに進入し、2分後に離れた。軍用機が進入した位置は中国防空識別圏(CADIZ)と重なる場所だった。

 北朝鮮によるICBM発射が迫っていたタイミングでの進入だったことから、韓米軍当局の備えを探る意図があったとの見方も出ている。

 防空識別圏は領空への侵入を防ぐために設定する空域で、国際法上、主権が及ぶ領空とは異なる。だが、軍用機が他国の防空識別圏に入る際には、その国に前もって飛行計画を通知する必要がある。

 韓国軍合同参謀本部は外国の軍用機がKADIZに進入した場合、メディアに公表していたが、今回は公表しなかった。軍はこれについて、公表するほど異例の状況ではなかったためとしている。軍関係者は「外国の軍用機が大挙してKADIZに無断進入した場合、領空侵入につながる場合、他国の軍用機同士が連合作戦を行う場合など、異例のことが起きた時に公表している」と説明した。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。