Go to Contents Go to Navigation

高齢者もデジタル社会の恩恵を 公園などに「案内士」配置へ=ソウル市

記事一覧 2022.04.20 11:15

【ソウル聯合ニュース】ソウル市は20日、高齢者が多く利用する公園や散策路、飲食店などにデジタル機器の使い方を説明する「デジタル案内士」を配置する内容などを盛り込んだ「デジタル力量強化推進計画」を発表した。

デジタル教育ロボット「リク」(ソウル市提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 同市は「市民の誰もが疎外されることなく、デジタル社会の恩恵を得られるようにする計画だ」と説明した。

 通信会社や人口のデータを活用して高齢者が主に集まる場所を割り出し、デジタル案内士100人を配置する。

 ソウル市はこうしたデジタル教育事業により、742人の雇用が創出されると説明している。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。