Go to Contents Go to Navigation

米特別代表が韓国外相候補と面会 次期政権と北朝鮮対応で連携へ

記事一覧 2022.04.20 15:05

【ソウル聯合ニュース】来韓中の米国のソン・キム北朝鮮担当特別代表が20日、尹錫悦(ユン・ソクヨル)次期韓国政権の外交部長官に指名された朴振(パク・ジン)氏と面会した。両氏は、新政権の発足後も韓米が北朝鮮対応で引き続き緊密に連携する方策などを話し合ったとみられる。

外交部長官就任に向けた国会人事聴聞会の準備のため事務所に向かう朴氏=20日、ソウル(聯合ニュース)

 朴氏は外交部長官就任に向けた手順となる国会の人事聴聞会の準備をしており、キム氏がその事務所を訪れた。この日の面会の内容に関し、キム氏は報道陣の質問に答えなかった。

 一方、朴氏は同日朝、事務所前で記者団に「(キム氏と)北によるミサイル挑発、核実験の可能性といったことに対し韓米がどう緊密に連携できるか、その方策を話し合うことになるだろう」と語った。

 朴氏は次期政権の政策協議団の団長として先ごろ訪米した際、拡大抑止戦略協議体(EDSCG)の再開を提案している。キム氏との面会でも、北朝鮮に対する抑止力強化の一環としてEDSCGを取り上げた可能性がある。

 キム氏は駐インドネシア大使を兼任しており、韓国との間では北朝鮮問題の協議を担当している。このため、韓米両政府が調整中の首脳会談に関しては具体的な話はなかったとみられる。

 キム氏は21日も次期政権関係者と会う。権寧世(クォン・ヨンセ)統一部長官候補、政権引き継ぎ委員会の金聖翰(キム・ソンハン)外交安保分科幹事らと面会する予定だ。

19日に政府ソウル庁舎を訪れたキム氏。この日は鄭義溶(チョン・ウィヨン)外交部長官、李仁栄(イ・イニョン)統一部長官とそれぞれ面会した(資料写真)=(聯合ニュース)

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。