Go to Contents Go to Navigation

サムスン電子の時価総額 約3年ぶり全体の19%下回る=韓国

記事一覧 2022.04.21 09:47

【ソウル聯合ニュース】韓国株式市場の時価総額で首位・サムスン電子が占める割合が19%を下回り、2年10カ月ぶりの低水準となっていることが21日、分かった。今年に入り、サムスン電子の株価は総合株価指数(KOSPI)よりも大きな値下がり率で推移している。

ソウル市内にあるサムスン電子の社屋前(資料写真)=(聯合ニュース)

 韓国取引所によると、サムスン電子の普通株式の時価総額は14日時点で402兆9600億ウォン(約41兆7900億円)だった。KOSPIの対象である全ての上場銘柄の時価総額合計(2131兆ウォン)に対し、サムスン電子は18.91%を占めた。19%を切るのは2019年6月18日(18.95%)以来。

 さらに今月20日終値ベースで、サムスン電子の時価総額は全体の18.86%まで下がった。

 年初以降、KOSPIが8.70%下落する間にサムスン電子の株価は13.92%落ち込んだ。同社が4月7日に発表した1~3月期の業績は、売上高が四半期ベースで過去最高、営業利益も1~3月期では過去2番目の大きさだった。こうした好業績にもかかわらず、その後10営業日で株価は1.61%下落。18日には52週ぶり安値をつけた。

 専門家は、ロシアのウクライナ侵攻などで世界の先行きの不確実性が高まり、IT製品と半導体需要が減るという懸念がサムスン電子の株価を押し下げたと分析する。

 新韓金融投資のチェ・ユジュン研究員は「ウクライナ危機、新型コロナウイルスが再流行する中国の主要都市封鎖による供給網(サプライチェーン)の混乱など、予測が難しい変数が主に作用した」と指摘した。

 現代自証券リサーチセンター長のノ・グンチャン氏は、1~3月期に予想外の好業績を記録しながら株価が下落したのは、これをピークとした業績の後退が懸念されたためと説明。ただ同氏自身は、サムスン電子など韓国半導体メーカーの業績は今後も堅調との見解を示した。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。