Go to Contents Go to Navigation

岸田首相の靖国供物奉納 韓国外相候補「歴史直視し謙虚な反省を」

記事一覧 2022.04.21 11:30

【ソウル聯合ニュース】韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)次期政権の外交部長官に指名された朴振(パク・ジン)氏は21日、岸田文雄首相が靖国神社の春季例大祭に合わせて供物を奉納したことについて、記者団に「靖国神社は日本の過去の侵略戦争を美化する場所で、戦犯が合祀(ごうし)されている場所」として、「日本は過去の歴史を直視し、謙虚な反省、姿勢を見せなければならない」と述べた。

国会人事聴聞会の準備をするための事務所で記者団の質問に答える朴氏(中央)=20日、ソウル(聯合ニュース)

 尹次期大統領が24日に日本に派遣する「政策協議代表団」が日本の教科書の歴史歪曲(わいきょく)問題などについて問題を提起するかどうかに関しては、「わが政府は(この問題について)これまで話してきた。歴史を直視することが必要で、正しい歴史観を持つ必要がある」と指摘。「日本が謙虚な省察と反省の姿勢を見せることが重要だ」と強調した。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。