Go to Contents Go to Navigation

韓国 けさのニュース(4月26日)

◇ソウル市内バスの賃金交渉が妥結 スト回避

 ソウルの市内バスの労使、ソウル市バス労働組合とソウル市バス運送事業組合による2022年度の賃金交渉が午前1時半ごろ妥結した。双方はソウル地方労働委員会が提示した賃金5.0%引き上げ案に最終合意した。調停の成立を受け、労組は午前4時から予定していたストライキを取りやめた。バスは始発から通常通り運行される。

交渉妥結後、握手を交わす労使の代表=26日、ソウル(聯合ニュース)

◇新規コロナ感染者8万人超 6日連続10万人下回る

 中央防疫対策本部は26日午前0時現在の国内の新型コロナウイルス感染者数は前日午前0時の時点から8万361人増えたと発表した。新規感染者数は前日に比べて約2.3倍に増加したが、6日連続で10万人を下回った。新規感染者数は検査件数が減る影響で週末に減少し、火曜日から増加に転じる傾向がある。

◇次期首相候補の人事聴聞会2日目 現与党また欠席へ

 尹錫悦(ユン・ソクヨル)次期大統が新政権の首相候補に指名した韓悳洙(ハン・ドクス)元首相の国会人事聴聞会が、25日から2日間の日程で開かれている。だが、国会で過半数を占める革新系の現与党「共に民主党」と革新系野党「正義党」は韓氏側が必要な資料を提出していないとして初日の聴聞会を欠席し、日程の再協議を要求した。共に民主党は韓氏側に対し、不動産取引の内訳や、多額の顧問料を受け取ったとされる大手法律事務所との雇用契約書、配偶者の美術品取引の内訳などの提出を求めている。26日の2日目の聴聞会も保守系の次期与党「国民の力」側だけが出席する見通しだ。他の閣僚とは異なり、首相の任命は国会の同意を必要とする。

◇京畿道知事選 現与党は前経済副首相を公認候補に

 共に民主党は25日、京畿道知事選(6月1日投開票)の公認候補に金東ヨン(キム・ドンヨン)前経済副首相を選出した。党内で投票を実施した結果、1回目の投票で同氏が50.67%と過半数を得票したことからそのまま公認候補に確定した。京畿道知事選で、国民の力の公認候補に決まっている金恩慧(キム・ウンヘ)国会議員と対決することになる。金氏は尹次期大統領の腹心とされる。

◇北朝鮮 人民革命軍創建90年の軍事パレード開催か

 北朝鮮が朝鮮人民革命軍(抗日遊撃隊)創建90年の記念日にあたる25日の夜、大規模な閲兵式(軍事パレード)を開催したようだ。韓国軍当局によると、北朝鮮は午後9時ごろからプレイベントを行ったのに続き、午後10時ごろから首都・平壌の金日成広場で兵力と兵器を動員して閲兵式を開始した。日付や時間などを踏まえると、これが本行事だった可能性が高いと軍当局はみている。極超音速ミサイル「火星8」や大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星17」、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)などが総動員されたとみられている。北朝鮮が16日に発射した「新型戦術誘導兵器」など、新たな兵器が披露された可能性もある。 

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。