Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮の核・ミサイルは「現実的な脅威」 韓国政権引き継ぎ委

記事一覧 2022.04.26 15:46

【ソウル聯合ニュース】韓国で尹錫悦(ユン・ソクヨル)次期政権への移行を準備する政権引き継ぎ委員会は26日、北朝鮮が朝鮮人民革命軍(抗日遊撃隊)創建90年を記念する閲兵式(軍事パレード)を実施したことについて、「表では平和と対話を主張しながらも実際には朝鮮半島はもちろん、北東アジアと世界の平和を脅かす手段を開発することに没頭してきたことを立証した」とする声明を発表した。

北朝鮮が25日夜、平壌の金日成広場で行った閲兵式=(朝鮮中央通信=聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 政権引き継ぎ委員会は「北は多様な核運搬手段を公開し、自衛的な戦略兵器の最優先5大課業に必要な兵器と核能力を宣伝した」と指摘。「北の核とミサイルの脅威はわれわれの現実的な脅威になったため、これを抑止できる能力を備えることが何より急がれる課題」と強調し、「新しく発足する尹政権は韓米同盟を強化し、北の核とミサイルに対応する韓国型3軸体系能力を早期に完成させる」と明らかにした。3軸体系は、北朝鮮のミサイル発射の兆候を探知して先制攻撃するキルチェーン、発射されたミサイルを迎撃する韓国型ミサイル防衛体系(KAMD)、北朝鮮から攻撃された場合に指導部などに報復攻撃を行う大量反撃報復(KMPR)を指す。

 金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党総書記)は閲兵式で行った演説で、「われわれの核武力の基本使命は戦争を抑止することだが、この地でわれわれが決して望まない状況が形成される場合、核が戦争防止という一つの使命にのみ縛られているわけにはいかない」と述べ、有事の際の先制的な核使用を示唆した。

 閲兵式では新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星17」なども登場した。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。