Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮の核先制使用示唆に「より強力な抑止力必要」=韓国外相候補

記事一覧 2022.04.27 11:17

【ソウル聯合ニュース】韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)次期政権の外交部長官候補、朴振(パク・ジン)氏は27日、北朝鮮が国の根本利益が侵奪される場合には核兵器を使用する意思を示したことについて、「新政権がより強力な抑止力を維持することが必要だ」と記者団に述べた。

朴振氏(資料写真)=(聯合ニュース)

 「強力な抑止力」に関しては、「まずわれわれの国防力を維持しなければならない」とし、「また、韓米連携を通じて連合防衛力を維持する必要がある」と説明した。

 また、「韓国が置かれている安全保障状況が非常に厳しい」として、「韓米の連携下で非核化が実現するよう努力することが最も重要だ」と強調した。

 尹氏が大統領選で北朝鮮への「先制攻撃」に言及したことについては、「新政権が追求する安全保障政策は(新政権が)発足すれば国民に明らかにすることができる」と詳しい言及を避けた。

 一方、尹氏が日本に派遣した「政策協議代表団」が26日、岸田文雄首相と面会したことに関しては、「良い雰囲気で虚心坦懐(たんかい)に話を交わしたと聞いている」と述べた。そのうえで、「韓日の膠着(こうちゃく)状態がこのまま続いてはならないとの点で一致したとみられる」とし、「今後、さまざまな懸案を解決できる案が出ることを期待する」と述べた。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。