Go to Contents Go to Navigation

韓国代表団が安倍氏と面会 関係改善策や懸案巡り意見交換

記事一覧 2022.04.27 20:27

【東京聯合ニュース】韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)次期大統領が日本に派遣した「政策協議代表団」は27日午後、安倍晋三元首相と面会し、韓日関係の改善策について意見交換した。

安倍氏(右端)と面会した代表団の一行(代表団提供)=27日、東京(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 代表団の団長を務める鄭鎮碩(チョン・ジンソク)国会副議長は面会後記者団に対し、「安倍氏に、暗いトンネルをさまよう韓日関係に夜明けの光が差し込むようだと話した」と紹介した。

 安倍氏は韓日関係が良好だった時期にはやく戻ってほしいと応じたという。

 鄭氏によると、韓国大法院(最高裁)が日本による植民地時代に強制徴用された韓国人被害者への賠償を日本企業に命じた判決を巡り、日本企業が韓国内に所有する資産の売却手続きが進められている問題や、安倍氏が首相だった2015年の韓日慰安婦合意についても意見交換があったという。

 鄭氏は、「(日本企業の資産の)現金化問題に対する日本の懸念をよく承知していると説明し、慰安婦合意は政府間の公式合意と認識しているものの、同時に被害者の心の傷を癒やし、名誉と尊厳を回復しなければならないという合意の精神を見過ごしてはならないと話した」と説明した。

 また「和気あいあいとした雰囲気で約30分間話した」とし、「安保や(北朝鮮による日本人)拉致問題についても話した」と紹介した。

 その上で、「韓米日の戦略的協力が重要な時期という内容を強調し、多くの建設的な内容について話した」と説明した。

 代表団は安倍氏に続き、立憲民主党の泉健太代表らとも面会した。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。