Go to Contents Go to Navigation

[韓流]EXOスホ ソウル市の若者自立支援事業などPRへ

記事一覧 2022.04.28 15:06

【ソウル聯合ニュース】韓国のソウル市福祉財団は28日、人気グループEXO(エクソ)のリーダーのスホさんを同財団の広報大使に起用し、27日に委嘱状を授与したと発表した。

ソウル市福祉財団から委嘱状を受け取ったスホさん(右、同財団提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 スホさんは1年間、広報大使としてソウル市の重点事業「希望2倍青年通帳」の広報などに取り組む予定だ。

 「希望2倍青年通帳」は、低所得の若者の積み立て額と同額をソウル市が追加で積み立て、2倍に当たる金額を受け取れるようにするというもの。財団側は「スホさんの健康的で正しい青年のイメージが、働く青年の自立を支援する『希望2倍青年通帳』の活性化に大いに役立つだろう」と期待を示している。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。