Go to Contents Go to Navigation

セレッソGKキム・ジンヒョン 外国籍選手最多タイのJ1通算333試合出場

記事一覧 2022.04.29 20:37

【ソウル聯合ニュース】サッカーJ1、セレッソ大阪の元韓国代表GKキム・ジンヒョン(34)が29日の鹿島戦で、外国籍選手最多タイとなるJ1通算333試合出場を果たした。

キム・ジンヒョン(セレッソのインスタグラムより)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 外国籍選手の333試合出場は神戸などでプレーしたブラジル人FWマルキーニョスが記録していた。キム・ジンヒョンは来月3日の鳥栖戦に出場すれば単独首位に立つ。

 キム・ジンヒョンは2009年に当時J2だったセレッソ大阪に入団。J2だった3シーズンを除き11シーズンをJ1でプレーした。17年の途中からはJ1でフルタイム出場を続けており、この日で180試合(歴代3位)になった。

sarangni@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。