Go to Contents Go to Navigation

金正恩氏 核先制使用を改めて示唆=「敵対勢力の核脅威は徹底制圧」

記事一覧 2022.04.30 08:49

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮中央通信は30日、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党総書記)が朝鮮人民革命軍(抗日遊撃隊)創建90年記念の閲兵式(軍事パレード)を指揮した軍幹部を激励する席で、「敵対勢力によって高まっている核脅威を含むすべての危険な試みと行動を必要なら先制的かつ徹底的に制圧、粉砕するために武力の絶対的な優位を維持し、向上させていく」と述べた。

閲兵式の参加者と記念撮影する金正恩氏=(朝鮮中央通信=聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 金正恩氏は閲兵式で行った演説で、戦争防止だけでなく「根本利益」か侵奪される場合は核兵器を使用できるとし、核兵器の先制使用の可能性を示唆していた。今回の発言は、その延長線上にあるとみられる。

 金正恩氏は「強くなってこそ自身の尊厳と権益を守れる現世界で強力な攻撃力、圧倒的な軍事力はわが国と人民の安寧と子孫の将来を担保する生命線」と強調し、軍事力の強化に総力を挙げるよう指示した。

 この席には朴正天(パク・ジョンチョン)党書記(軍・軍需担当)やた李永吉(リ・ヨンギル)国防相らが出席した。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。