Go to Contents Go to Navigation

韓国 けさのニュース(5月3日)

◇「検察捜査権剥奪法案」 きょう国会本会議で採決へ

 国会は3日午前の本会議で、革新系与党「共に民主党」が検察改革の一環として進めている検察から捜査権を剥奪する法案(検察庁法・刑事訴訟法改正案)のうち刑事訴訟法改正案について採決を行う。同法案は先月30日、検察庁法改正案が可決された直後に上程されたが、法案に反対する保守系最大野党「国民の力」は長時間演説で議事進行を妨害する「フィリバスター」を展開。だが、共に民主党が臨時国会の会期を当日までに短縮する法案を可決させてフィリバスターを終了させ、国会法に基づきこの日の本会議で採決することになった。

先月30日、刑事訴訟法改正案が上程された国会=(聯合ニュース)

◇新規コロナ感染者 5万1131人 

 中央防疫対策本部は、3日午前0時現在の国内の新型コロナウイルス感染者数は前日午前0時の時点から5万1131人増えたと発表した。重篤・重症患者は417人、新たな死者は49人だった。

◇国会 次期首相候補と閣僚候補の人事聴聞会

 国会は3日、尹錫悦(ユン・ソクヨル)次期大統領が首相に指名した韓悳洙(ハン・ドクス)氏と閣僚候補3人の人事聴聞会を行い、候補の資質や道徳性などを検証する。最も関心を集める保健福祉部長官候補の鄭鎬永(チョン・ホヨン)氏は、子どもが医大編入学や兵役で特別扱いを受けたとされる疑惑や自身が慶北大病院長を務めていた際の行状などを巡って集中的に追及を受ける見通しだ。

◇政権引き継ぎ委 次期政権の国政課題発表へ

 尹錫悦次期政権への移行を準備する政権引き継ぎ委員会は3日、新政権で重点的に推進する110の国政課題を発表する。この日発表される国政課題の最終案は「国家ビジョン」の下に6大国政目標を設定し、その下に「国民への約束」20項目を配し、これを具体化した「国政課題」110項目をまとめた4段構造で構成される。引き継ぎ委は尹氏も出席するこの日の全体会議で最終案を報告し、安哲秀(アン・チョルス)委員長が国民向けの記者会見で発表する予定だ。

◇バイデン氏の韓日訪問順序 ホワイトハウス「深く考えないで」

 米ホワイトハウスのサキ報道官は2日(現地時間)の会見で、バイデン米大統領が今月下旬に日本より先に韓国を訪問する理由を問われ、「米国の多くの大統領は長きにわたり韓国を訪問してきた。両国は非常に重要なパートナーシップとつながりを持っている。関係強化のために引き続き努力する」と述べた。バイデン氏の韓日訪問の順序については「あまり深く考えないでほしい」としたうえで、韓国、日本のどちらとも強力な関係を結んでいると語った。

◇9年間で出生率に変化 低所得層・高学歴層で大幅に低下

 経済団体、全国経済人連合会傘下の韓国経済研究院は、2010年と19年の所得層別の出生率の変化を分析した結果、19年に出産したのは低所得層で100世帯当たり1.34世帯、中間層で3.56世帯、高所得層では5.78世帯と分析されたと発表した。10年と比較すると出生率は全ての所得層で低下。このうち低所得層の出生率が51.0%低下と下落幅が最も大きく、中間層は45.3%、高所得層は24.2%低下した。高卒以下の世帯のうち、19年に出産したのは100世帯当たり3.14世帯と10年に比べ11.6%減にとどまったが、大卒以上の世帯では同48.1%減の4.12世帯だった。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。