Go to Contents Go to Navigation

6月初旬までに金浦―羽田線運航へ 韓日観光再開の可能性も

記事一覧 2022.05.06 16:45

【東京聯合ニュース】2020年3月から中断されている韓国の金浦空港と日本の羽田空港を結ぶ航空便の運航が、遅くとも来月初旬までに再開される。韓日外交消息筋が6日、明らかにした。

2019年に日本を訪れた外国人観光客(資料写真)=(聯合ニュース)

 同消息筋は「金浦―羽田線を6月初めから再開することで(韓日当局間が)合意した」とし、「再開時期は前倒しされる可能性もある」と明らかにした。

 航空大手の大韓航空とアシアナ航空、日本航空、全日本空輸も金浦―羽田線の運行再開を航空当局に申請した。

 2年3カ月ぶりに同路線の運行が再開されれば、新型コロナウイルスの感染拡大以降止まっていた韓日間の人的交流にも弾みがつきそうだ。

尹錫悦(ユン・ソクヨル)次期大統領が日本に派遣した「政策協議代表団」は先月26日、首相官邸で岸田文雄首相と面会した(同代表団提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 これに先立ち、韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)次期大統領が先月24~28日に日本に派遣した政策協議代表団は、岸田文雄首相らに対し韓日の人的交流活性化のための金浦―羽田線の運航再開、入国時の隔離(待機)免除、査証(ビザ)免除の復活など制度的基盤の整備を提案した。

羽田空港(資料写真)=(聯合ニュース)

 一方、新型コロナの感染拡大以降中断されていた韓日観光も来月から再開される可能性がある。

 日本経済新聞は、日本政府が来月から外国人観光客の新規受け入れを再開する調整に入ったと報じた。ゴールデンウイーク後2週間程度の感染状況を見極め、団体旅行から認める方向で検討する。

 また、1日当たりの入国者数の上限を現在の1万人から2万人に増やす案も浮上している。

 これに関連し、岸田首相は5日(現地時間)に英ロンドンで行った講演で、6月には入国者数の上限を主要7カ国(G7)並みに緩和すると表明した。

 日本政府は新型コロナによる入国制限を段階的に緩和しているが、観光目的の入国はまだ認めていない。

 日本政府が外国人観光客の受け入れを決定し、韓国人観光客の日本入国が可能になれば、韓国政府も日本人観光客の受け入れを認める可能性がある。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。