Go to Contents Go to Navigation

韓国 けさのニュース(5月11日)

◇尹政権初の政府・与党協議 補正予算案の規模確定へ

 政府と与党「国民の力」が尹錫悦(ユン・ソクヨル)新政権で初の政府・与党協議を開き、新型コロナウイルス流行による損失補償を盛り込んだ補正予算の規模を確定した。尹政権では初めて、今年2回目となる補正予算の規模は33兆ウォン(約3兆3600億円)以上となる。補正予算の財源の大部分は歳入で賄い、赤字国債は発行しない。12日に尹政権初の臨時閣議を開いて補正予算案を決定し、翌13日に国会に提出する方針だ。16日に国会で行われる補正予算案の施政演説は尹大統領が自ら行うという。

協議する「国民の力」の権性東(クォン・ソンドン)院内代表(左)と秋慶鎬(チュ・ギョンホ)経済副首相兼企画財政部長官=11日、ソウル(聯合ニュース)

◇国会 閣僚候補者2人の人事聴聞会

 国会は、尹錫悦政権の初代内閣の閣僚候補2人(女性家族部長官候補、中小ベンチャー企業部長官候補)に対する人事聴聞会を開く。女性家族部長官候補の金賢淑(キム・ヒョンスク)氏に対しては、朴槿恵(パク・クネ)大統領の雇用福祉首席秘書官を務めていた当時、政府の労働政策などに抗議する大規模なデモで警察が使った放水銃に当たって死亡した農業家のペク・ナムギ氏の手術に介入したとの疑惑、政策広報目的で労働問題の懸案について世論操作を試みた疑惑などが追及される見通しだ。

◇尹大統領 コロナ首脳会議で国際会議デビューへ

 新型コロナウイルス対策のための関係国・機関による首脳会議が12日にオンライン形式で開かれる。米国主導の同首脳会議の開催は昨年9月に続き2回目。尹錫悦大統領は、事前に録画した映像で演説を行う。尹大統領は10日の就任後初めての国際首脳会議への出席となる。会議では新型コロナに対する国際的対応の強化、ワクチンの接種拡大、社会的弱者の保護、今後の感染症大流行の防止などが集中的に話し合われる予定だ。

◇新規コロナ感染者 4万3925人

 韓国の中央防疫対策本部は11日、この日午前0時現在の国内の新型コロナウイルス感染者数は前日午前0時の時点から4万3925人増えたと発表した。重篤・重症患者は383人、新たな死者は29人だった。

◇きょうカン・スヨンさんの告別式 イム・グォンテク監督らが弔辞

 7日に亡くなった女優、カン・スヨンさんの告別式が11日に営まれる。告別式では巨匠イム・グォンテク監督やヨン・サンホ監督、女優ムン・ソリさん、俳優ソル・ギョングさんらが弔辞を述べ、映画関係者らによる追悼映像が流される。司会は俳優ユ・ジテさんが務める。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。