Go to Contents Go to Navigation

尹新大統領 北の核実験可能性など安保への懸念表明

記事一覧 2022.05.11 12:11

【ソウル聯合ニュース】韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)新大統領は就任2日目の11日午前、大統領室庁舎で初めての首席秘書官会議を開き、安全保障の状況が芳しくないとの認識を示したうえで「(北朝鮮の)核実験再開の話もあり、そのような状況が発生した際に安保だけでなく国政の別の部分にどのような影響を与えるか詳細に点検し、準備してほしい」と指示した。

首席秘書官会議で発言する尹大統領=11日、ソウル(聯合ニュース)

 北朝鮮を名指ししなかったが、7回目の核実験の可能性に懸念を示した発言とみられる。

 一方、経済に関しては「極めて厳しい」として、「最も問題なのが物価」と指摘。「物価上昇の原因と抑制対策を考え続けなければならない」と述べた。

 また、首席秘書官らに対し、「靴底をすり減らすようにやることが重要だ」とし、「別分野の業務をする人と絶え間なく、それこそ靴底をすり減らすべきだ。そうしてこそ仕事が正常に回る」と強調した。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。