Go to Contents Go to Navigation

韓米両軍が医療支援能力向上へ実動訓練 3年ぶり実施

記事一覧 2022.05.13 16:28

【ソウル聯合ニュース】韓国軍の国軍医務司令部は13日、医療支援能力の向上を図るための韓米合同の野外機動訓練を11、12両日に実施したと発表した。同訓練は毎年2回、定期的に行われていたが、2020年と21年は新型コロナウイルス流行のあおりで実施できず、今回は3年ぶりに再開された。

列車での搬送訓練の様子(国軍医務司令部提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 訓練は国軍医務司令部と米軍の第65医療旅団が主軸となり、国軍春川病院、国軍外傷センター、医務部隊などが参加。医療搬送ヘリコプターのメディオン(KUH-1M)、空軍輸送機のC130、軍病院列車、米軍ヘリHH60などが投入された。

 前線で死傷者が発生した状況を想定し、患者を軍病院に緊急搬送する訓練、負傷者を北部の江原道・春川からソウル南方の京畿道・平沢の在韓米軍基地へ列車で搬送する訓練などを実施した。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。