Go to Contents Go to Navigation

米軍偵察機が朝鮮半島東の海上飛行 北朝鮮のICBM発射警戒か

記事一覧 2022.05.19 10:43

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射を準備している動向が捉えられている中、米軍の偵察機が朝鮮半島東の東海へ出動した。北朝鮮のミサイル発射動向の監視が目的とみられる。

米空軍の偵察機RC135S(米空軍のホームページより)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 米空軍の偵察機RC135S(通称コブラボール)が19日午前、沖縄の米軍嘉手納基地から東海へ移動する航跡が民間の航空追跡サイトに捉えられた。

 同機は弾道ミサイルの探知・追跡に特化した偵察機で、最先端の電子光学装置により遠距離から弾道ミサイルの軌跡を追跡できる。東海の上空などを飛行しながら北朝鮮の平壌一帯を偵察したとされる。

 韓米首脳会談がソウルで21日に予定されている中、韓米当局は先ごろ北朝鮮によるICBMの発射実験が迫っている状況を探知した。北朝鮮は液体燃料を使う「火星」系列のICBMを発射する前に燃料と酸化剤を注入するが、そうした兆候を捉えたとされる。

 このところ北朝鮮が弾道ミサイルの発射を繰り返していることから、同偵察機もたびたび東海に派遣されている。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。