Go to Contents Go to Navigation

「金正恩氏は新型コロナワクチン未接種」 韓国情報機関が推定

記事一覧 2022.05.19 18:29

【ソウル聯合ニュース】韓国の情報機関、国家情報院(国情院)は19日、非公開で開かれた国会情報委員会全体会議で、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党総書記)が新型コロナウイルスワクチンを接種していないと推定されると報告した。複数の会議出席者が聯合ニュースの取材に対し明らかにした。

北朝鮮の朝鮮中央テレビは18日、金正恩国務委員長(朝鮮労働党委員長)が17日に党政治局常務委員会会議を主宰し、現在の防疫危機の実態を分析し、人民の生活を安定させるよう指示したと報じた(朝鮮中央テレビの映像より)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 同委員会の関係者によると、新型コロナワクチンは北朝鮮に搬入されたことがないと国情院は見ている。

 また、国情院は、朝鮮労働党機関紙、労働新聞が17日に「ワクチン接種もコロナを防ぐことに効果がある」と報じたことに言及し、北朝鮮がワクチン接種の必要性を感じ始めたと報告した。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。