Go to Contents Go to Navigation

韓国大統領室 韓米首脳のサムスン工場訪問は「経済安保同盟強化の意志の表れ」

記事一覧 2022.05.20 21:02

【ソウル聯合ニュース】韓国大統領室は20日、尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領と来韓中のバイデン米大統領がソウル南方の京畿道・平沢にあるサムスン電子の半導体工場を訪れたことについて、半導体を通じた「韓米経済安保同盟強化」だとし、「グローバルサプライチェーン(供給網)問題などを共に解決するという強力な意志の表れだ」と説明した。

サムスン電子の半導体工場を訪れた尹大統領とバイデン大統領=20日、平沢(聯合ニュース)

サムスン電子の半導体工場を訪れた尹大統領とバイデン大統領=20日、平沢(聯合ニュース)

 同工場は世界の半導体メモリーの約15%を供給する主要生産拠点で、サッカー場400面分の広さを誇る。

 尹大統領は、半導体など国家競争力の確保に欠かせない先端技術開発と安定的な供給網の構築に向け、米国との協力を強化するとの立場だ。

 大統領室は今後、両国が昨年開設した半導体パートナーシップ対話などのチャンネルを活用し、両国の半導体産業の成長と業界間の協力促進に向けた方策などを協議する計画だと説明した。

 また、「尹大統領の就任後初となる産業現場の公式訪問で、わが国の半導体産業の重要性を確認し、積極的な支援を誓う意味もある」としたうえで、同工場の増設をはじめ2030年までに国内に510兆ウォン(約51兆6000億円)を投資するという韓国半導体業界の計画が滞りなく進むよう、政府は必要な支援を惜しまないとの方針を示した。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。