Go to Contents Go to Navigation

サムスンのテレビ世界シェア33% LGとの合計5割超=1~3月

記事一覧 2022.05.24 11:52

【ソウル聯合ニュース】韓国のサムスン電子が、今年1~3月期の世界テレビ市場でシェア32.9%(売上高ベース)と圧倒的首位に立ち、年間で17年連続1位を達成する可能性が高まった。また、韓国・LG電子の有機EL(OLED)テレビは1~3月期の出荷台数が過去最大を達成した。

サムスン電子のQLEDテレビ「Neo QLED 8K」(同社提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 英調査会社オムディアが24日発表した統計によると、今年1~3月期のテレビの世界販売台数は前年同期比4.3%減の4907万台、売上高は同6.3%減の256億7500万ドル(約3兆2800億円)だった。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)によるペントアップ効果(抑制されていた需要の回復)が落ち着いたためと分析される。

 売上高シェアは、サムスン電子が前期比5.2ポイント上昇した32.9%で不動の1位だった。2位のLG電子は17.7%。韓国勢の市場シェアが50.6%を占め、中国のTCL(8.0%)やハイセンス(7.6%)、日本のソニー(7.6%)に大きな差をつけた。

 販売台数ベースのシェアはサムスン電子(22.5%)が1位で、以下LG電子(12.6%)、TCL(10.9%)、ソニー(8.7%)、ハイセンス(6.1%)の順だった。

 昨年まで世界テレビ市場で16年連続シェア1位を守っているサムスン電子は、量子ドット技術を用いたQLEDテレビの成長と超大型・プレミアム製品の販売好調により今年1~3月期も首位の座を守った。

LG電子の有機ELテレビ(同社提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 一方、LG電子の有機ELテレビの出荷台数は前年同期比17.0%増の92万4600台で、1~3月期の出荷台数としては過去最大を記録。有機ELテレビ市場での出荷台数ベースのシェアは62.2%を占めた。

 有機ELテレビは昨年に続いて今年も急速な成長が見込まれる。オムディアは今年の有機ELテレビの出荷台数が800万台に上ると予想した。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。