Go to Contents Go to Navigation

韓国情報機関トップ候補 北朝鮮に「非核化の意思ほぼない」

記事一覧 2022.05.25 14:37

【ソウル聯合ニュース】韓国情報機関・国家情報院(国情院)の院長に指名された金奎顕(キム・ギュヒョン)元国家安保室第1次長は25日、国会の人事聴聞会で、北朝鮮の非核化を巡り「北に自ら非核化する意思はほぼない」との見解を示した。

人事聴聞会で答弁する金奎顕氏(国会写真記者団)=25日、ソウル(聯合ニュース)

 金氏は、文在寅(ムン・ジェイン)前政権で大統領や高官が金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党総書記)に非核化の意思があると言明し、それを国民が信じたとの与党議員の指摘に共感を示した。これは国情院が北朝鮮の意図を正確に分析するという責務を果たせなかった結果だとする指摘にも、「同意する」と述べた。

 一方、北朝鮮での新型コロナウイルスワクチンの接種に関しては、「接種を行っていないと承知している」と述べた。韓国がワクチン支援の意向を示したが回答はなく、北朝鮮は中国から一部医薬品の供給を受けているようだと説明した。

 金正恩氏のワクチン接種の有無については、「把握できていないと承知している」と述べた。

 北朝鮮が発表した新型コロナの感染者数、死亡者数の統計に対しては、「数値を信じられない。客観的に検証する方法はないが、事実と距離のある統計ではないか」と語った。

 北朝鮮の25日の発表によると、新型コロナの感染が疑われる発熱者は4月末からの累計で約306万4880人、死者は累計68人となっている。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。