Go to Contents Go to Navigation

LGグループ 韓国に5年で10兆円超投資へ=電池やAI分野など

記事一覧 2022.05.26 13:41

【ソウル聯合ニュース】韓国のLGグループは26日、2026年までの5年間に国内に106兆ウォン(約10兆6600億円)を投資する計画を発表した。投資額のうち43兆ウォンはバッテリー(電池)や電池素材、次世代ディスプレー、人工知能(AI)などの未来成長分野に投じる。今年以降の5年間に毎年1万人ずつ、計5万人を直接雇用することも発表した。

LG AI研究院(LG提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 LGは、この先グローバル・サプライチェーン(供給網)への対応のため海外投資を増やしても、投資総額のうち相当部分を国内に振り向ける方針だ。LGの関係者は「グループの最先端・高付加価値製品の生産拠点、研究開発(R&D)の中核拠点としての韓国の位置付けは継続すべきだ」とし、今月末から開くグループ会社の経営陣による「戦略報告会」でこうしたコンセンサスを形成する計画だと伝えた。

 投資計画を具体的にみると、LGは向こう5年間に106兆ウォンを国内でのR&D、最先端・高付加価値製品の生産施設拡充、インフラ構築などに投じ、このうち48兆ウォンはR&Dにつぎ込む。経営環境の不確実性が非常に高い状況ながら、グローバル競争力を引き上げ、持続可能な未来を準備するため大胆な投資を決めたとLGは説明している。

 投資額の約4割に当たる43兆ウォンを未来成長分野に投じる。うち半分近くの21兆ウォンを電池や電池素材、電装、次世代ディスプレー、AI・データ、バイオ、クリーンテック分野のR&Dに集中投資する計画だ。

 電池・電池素材分野には5年間で10兆ウォン以上を投資する。車載電池大手のLGエナジーソリューションは中部・忠清北道の梧倉工場への追加投資を行い、円筒形電池などを生産する計画にしている。全固体電池、リチウム硫黄電池など次世代電池の開発に注力するとともに、電池のリサイクルなどの資源循環システムの構築にも取り組む。

 LG化学は世界1位の総合電池素材企業への成長を目標に、正極材や分離膜、カーボンナノチューブなどの電池素材分野に26年までに1兆7000億ウォンを投じる。中部の慶尚北道・亀尾に正極材の工場を建設中で、技術力と市場性を備えた企業を対象にM&A(合併・買収)や合弁会社設立も検討している。

 LGは、AI・データ分野には3兆6000億ウォンを投じる。20年にグループのAI研究のハブとして設立した「LG AI研究院」を中心に、AI関連のR&Dに集中する計画だ。

 このほか、バイオ新薬開発に1兆5000億ウォン以上、環境にやさしい生分解性プラスチックなどのクリーンテック分野に1兆8000億ウォンをそれぞれ投じる。スマート家電やテレビ、IT・通信など既存の主力事業への投資も継続し、各事業で世界市場のトップを目指す。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。