Go to Contents Go to Navigation

チョン・ボラ「呪いのウサギ」 ブッカー賞逃すも日本などで出版

記事一覧 2022.05.27 13:52

【ソウル聯合ニュース】世界的に権威がある英文学賞「ブッカー賞」の翻訳書部門「ブッカー国際賞」の最終候補に選ばれて注目を集めた韓国の作家、チョン・ボラ氏の作品が各国で相次いで出版されることが、27日分かった。

チョン・ボラ氏(ブッカー賞主催団体提供)=(聯合ニュース)

 チョン氏の版権契約を担うエージェントによると、韓国では同氏の以前の作品を集めた短編集「女たちの王」(以下、原題)と妖怪「九尾狐」をモチーフにしたロマンスホラー中編「狐」、ファンタジーホラー長編「真夜中の時刻表」、長編「苦痛に関して」が発売される。「狐」は2008年デジタル文学賞の中短編部門受賞作だが、これまで出版されていなかった。

 このほかチョン氏が短編「小さな終末」で参加したアンソロジー「本から出る」、短編「証言」が収録されたアンソロジー「私たちの21世紀」も発売される。

 ブッカー国際賞の最終候補となった「呪いのウサギ」は受賞を逃したものの、中国、スペイン、日本、ベトナム、米国など18カ国・地域で出版が決まっている。

 エージェントの関係者によると、このほかに約100編の短編と長編「死者の夢」について世界の版権市場で契約が検討されているという。

 「呪いのウサギ」を出版した英国の出版社は来年、チョン氏の長編「赤い刃」と短編集「彼女に会う」を刊行する予定だ。コロンビアでは、「彼女に会う」に収録された短編と以前の作品集からなる「チョン・ボラ短編集」として出版される。

 チョン氏は29日に英国のウェールズで開かれる文学祭「ヘイ・フェスティバル」に参加し、6月初めに帰国する。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。