Go to Contents Go to Navigation

韓国 きょうのニュース(5月27日)

◇韓米日の北朝鮮担当高官 6月3日にソウルで会合

 外交部は、同部の金健(キム・ゴン)朝鮮半島平和交渉本部長が来月3日、ソウルで米国務省のソン・キム北朝鮮担当特別代表、日本外務省の船越健裕アジア大洋州局長と会談すると発表した。同部は「最近の北の相次ぐ挑発など厳しい朝鮮半島情勢について、今後の対応方向を議論する」と明らかにした。3カ国の北朝鮮担当高官による会談は2月、ハワイ・ホノルルで開催して以来となる。

2月10日、ハワイ・ホノルルで会談した(右から)魯圭悳(ノ・ギュドク)朝鮮半島平和交渉本部長(当時)、キム氏、船越氏=(聯合ニュース)

◇国連安保理の北朝鮮制裁決議否決 韓国「深い遺憾」

 北朝鮮への制裁を強化する国連安全保障理事会の決議案が否決されたことについて、外交部は「北の弾道ミサイル発射が続いており、核実験強行の可能性も提起されている状況で安保理の新たな対北制裁決議が大多数の理事国の賛成にもかかわらず採択されなかったことに深い遺憾を表明する」とする報道官論評を出した。

◇尹大統領夫妻 昼休み利用し期日前投票

 尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領は、統一地方選(6月1日投開票)の期日前投票が始まった27日正午すぎ、大統領室近くのソウル・竜山区議会に設けられた期日前投票所で一票を投じた。夫人の金建希(キム・ゴンヒ)氏も同行した。2人はマスクを下ろして本人確認を行った後、それぞれ記載台に向かった。

◇公企業の民営化「検討したことも推進計画もない」 大統領室

 大統領室は、金大棋(キム・デギ)大統領秘書室長が仁川空港公社の株式を30~40%売却する意向があると発言したことに対し、公企業の民営化を検討したことも、現在推進する計画もないとの立場を表明した。大統領室の関係者は、金氏が過去に著書に記した内容は今も有効かとの質問に答えたもので個人的な意見であり、新政権の政策方向を述べたものではないと説明した。

◇来月10日から日本への団体旅行可能に 入国時の検査免除

 日本の岸田文雄首相は26日、外国人団体旅行客の入国を6月10日から再開すると表明した。日本は新型コロナウイルスの感染拡大により2020年4月から観光目的の外国人の入国を禁じていたが、2年2カ月ぶりに受け入れを再開する。また、来月1日から韓国や米国、中国など98カ国・地域から日本に入国する際の検査が免除され、自宅などでの待機も不要となる。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。