Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮の新たな発熱者 10万人下回る=死者は報告されず

北朝鮮 2022.05.28 08:32

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮中央通信は28日、国家非常防疫司令部の集計として26日午後6時からの24時間で新たに約8万8520人の発熱者が確認されたと報じた。前日に比べ1万1940人減少したもので、新たな発熱者が10万人を下回るのは今月12日以来。

北朝鮮の防疫関係者(資料写真)=(聯合ニュース)

 新型コロナウイルスの感染者とみられる発熱者は先月末からの累計で約335万9380人となった。このうち約315万6310人が完治した。新たな死者は報告されておらず、死者数は累計69人となっている。

 北朝鮮は12日に新型コロナ感染者が発生したことを公表。しばらくは1日20万~30万人台の発熱者が確認されたが、22日発表からは連続で20万人を下回っている。数も減少しており、この日は10万人を下回った。

csi@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。