Go to Contents Go to Navigation

カンヌ監督賞にパク・チャヌク氏 ソン・ガンホさんは是枝作品で男優賞

記事一覧 2022.05.29 08:31

【カンヌ聯合ニュース】第75回カンヌ国際映画祭は28日(現地時間)、コンペティション部門の授賞式が行われ、「別れる決心」(原題)を手掛けた韓国のパク・チャヌク監督が監督賞を受賞した。韓国人監督の同賞受賞は2002年にイム・グォンテク監督が「酔画仙」で受賞して以来で、2度目。また、日本の是枝裕和監督初の韓国映画「ベイビー・ブローカー」に主演した韓国の俳優ソン・ガンホさんが男優賞を受賞した。韓国の俳優の同賞受賞は初めて。

監督賞を受賞したパク・チャヌク監督(右、カンヌ国際映画祭のインスタグラムより)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫
男優賞を受賞したソン・ガンホさん(右、カンヌ国際映画祭のインスタグラムより)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

ikasumi@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。