Go to Contents Go to Navigation

カンヌ監督賞のパク・チャヌクさん 「私の映画は大衆のための商業映画」

記事一覧 2022.05.30 19:35

【仁川聯合ニュース】「第75回カンヌ国際映画祭」で監督賞を受賞した「別れる決心」(原題)のパク・チャヌク監督が30日午後、主演俳優パク・ヘイルさんらと共に凱旋帰国し、報道陣やファンなど約100人が迎えた。

仁川空港に到着したパク・チャヌク監督=30日、仁川(聯合ニュース)

仁川空港に到着したパク・チャヌク監督=30日、仁川(聯合ニュース)

 パク監督は受賞の感想を問われ、「私が望んでいた賞は男女の演技賞だったが、とんでもない賞を受けることになった」と笑った。また「俳優が受賞すれば、『あの監督と仕事をすれば良い賞がもらえるんだな』という認識ができ、次の作品のキャスティングに役立つのでそれを望んだが、残念だ」と話した。

 今回の監督賞受賞により、カンヌ映画祭だけで三つ目のトロフィーを得たパク監督は、芸術映画を作る人と思われそうで少し心配だとし、「私が作る映画は常に大衆のための商業映画だ」と強調した。

 「別れる決心」は来月29日に韓国で公開される。パク監督は製作報告会などに参加する予定だ。

 今回受賞した「別れる決心」は、韓国の俳優パク・ヘイルさんと中国出身の女優、湯唯(タン・ウェイ)さんが主演。山中で起きた変死事件を捜査することになった刑事が被害者の妻に疑いと関心を抱くことから始まる物語だ。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。