Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮の干ばつ「深刻」 食糧86万トンが不足=米CIA  

記事一覧 2022.05.31 11:30

【ソウル聯合ニュース】米中央情報局(CIA)が31日までに公表した「ザ・ワールド・ファクトブック」によると、北朝鮮住民の多くが「低水準の食糧消費と劣悪な食品摂取問題」に見舞われており、北朝鮮で不足している食糧の規模は2~3カ月分に当たる約86万トンと推定される。CIAは昨年も同様の規模の食糧が不足していると推定していた。

朝鮮中央テレビは昨年7月、北朝鮮で猛暑が続いていると報じた=(朝鮮中央テレビ=聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 CIAは、「新型コロナウイルスの影響などによる経済的制約で北朝鮮住民の食糧安保の脆弱(ぜいじゃく)性が増した」と懸念を示した。不足している86万トン分の食糧を輸入や食糧支援などでまかなうことができなければ、北朝鮮の家庭は「厳しく困難な時期」を過ごすことになると指摘した。

 今年の北朝鮮の劣悪な食糧状況は、衛星データからも確認されている。

 米政府系放送局ボイス・オブ・アメリカ(VOA)は、米海洋大気局(NOAA)の衛星データで、北朝鮮全域が干ばつが深刻な水準であることを意味する赤黒色で表示されたと報じた。干ばつが深刻な地域は4月には中部の黄海道一帯にとどまっていたが、現在は北部の咸鏡道まで広がった。

 一方、CIAは北朝鮮がミサイル開発を続けており、弾道ミサイル計画には▼戦術短距離弾道ミサイル(CRBM)▼短距離弾道ミサイル(SRBM)▼準中距離弾道ミサイル(MRBM)▼中距離弾道ミサイル(IRBM)▼大陸間弾道ミサイル(ICBM)――が含まれると分析した。

 また、北朝鮮が2010年から20年代まで米国と国連の制裁を回避して大量破壊兵器(WMD)と弾道ミサイル計画の資金調達のためにサイバー犯罪などの不法な活動に依存していると指摘した。

 CIAは、今年の北朝鮮の人口は2595万5138人で、このうち約12%に当たる約313万人が平壌に住んでいると推定した。

 また、北朝鮮の平均寿命は71.77歳で、男性は67.88歳、女性は75.88歳と推計した。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。