Go to Contents Go to Navigation

韓国完成車5社の5月販売 2.9%減=半導体不足が影響

記事一覧 2022.06.02 18:28

【ソウル聯合ニュース】車両用半導体の供給不足が解消される兆しがみえない中、韓国完成車メーカーの5月の販売台数が前年同月比で減少した。

車両用半導体の供給不足で韓国完成車メーカーの5月の販売台数が前年同月比で減少した(コラージュ)=(聯合ニュース)

車両用半導体の供給不足で韓国完成車メーカーの5月の販売台数が前年同月比で減少した(コラージュ)=(聯合ニュース)

 現代自動車、起亜、ルノーコリア自動車、双竜自動車、韓国GMの完成車メーカー5社が2日発表した5月の世界販売台数は計61万3562台で、前年同月比2.9%減少した。5社すべて前年より減少した。

 車両用半導体の供給不足が続いていることに加え、ロシアによるウクライナ侵攻などにより、そのほかの部品の供給にも支障が出ていることが影響した。

 国内販売は11万9807台で前年同月比3.5%減少した。国内販売は現代だけが前年より増加した。

 海外販売は前年同月比2.8減の49万3755台だった。海外販売は双竜だけが前年より増加した。 

 メーカー別にみると、現代は国内が前年同月比2.1増の6万3373台、海外が同1.1減の26万666台で、全体では0.5%減の32万4039台だった。

 起亜は国内が同4.7%減の4万5663台、海外が同5.0%減の18万8891台で、全体では4.9%減の23万4554台だった。

 ルノーコリアは国内が同19.6減の3728台、海外が同14.9%減の4863台で、全体では17.0%減の8591台。

 韓国GMは国内が同39.8減の2768台、海外が同1.7%減の3万5328台で、全体では6.1%減の3万8096台だった。

 双竜は国内が同13.7%8減の4275台、海外が同4.0%増の4007台で、全体では6.0%減の8282台だった。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。