Go to Contents Go to Navigation

韓国LGエネ テスラ向け新型電池を量産へ

記事一覧 2022.06.13 19:00

【ソウル聯合ニュース】韓国電池大手のLGエネルギーソリューションが中部・忠清北道の梧倉工場に計7300億ウォン(約760億円)を投じ、米電気自動車(EV)大手テスラに供給する円筒形のEV用新型リチウムイオン電池「4680」などを量産する。同社が13日発表した。

LGエネルギーソリューションの梧倉工場(同社提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 来年下半期から本格的な量産体制に入るという。

 同社が4680の量産体制構築や生産計画を明らかにしたのは今回が初めて。

 4680は直径46ミリ、長さ80ミリの円筒形で、既存の「2170」(直径21ミリ・長さ70ミリ)に比べ、容量が5倍、出力が6倍高く、航続距離を16%伸ばせるのが特徴だ。 

 LGエネルギーソリューションは今回の投資を通じて約13Gギガワット時(GWh)の生産能力を追加で確保し、円筒形バッテリーを採用する完成車や低速電気自動車(LEV)のメーカーを対象に顧客を拡大していく計画だ。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。