Go to Contents Go to Navigation

韓国外相 韓中日3カ国の協力強調=中国・王毅氏「平和と安定に重要」

記事一覧 2022.06.14 11:16

【ソウル聯合ニュース】韓国の朴振(パク・ジン)外交部長官は14日、ソウル市内で開かれた「韓中日3国協力国際フォーラム」に祝辞を寄せ、「3カ国が未来志向の協力を続けていけば、東アジアを超え世界の平和と繁栄の重要な原動力になる」と強調した。

韓国の朴振外交部長官(資料写真)=(聯合ニュース)

 また、「さまざまな挑戦に対応するため、政府は『自由、平和、繁栄に寄与するグローバル中枢国家』として核心的な役割を果たしていく」として、「域内の重要な協力パートナーである日本、中国と引き続き協力することを望む」と表明した。

 中国の王毅国務委員兼外相は「3カ国協力は東アジアの平和と安定を維持し、地域の統合をけん引するための重要なプラットフォームになった」と評価、「3カ国は域内と世界の平和と発展のための主な原動力として相互信頼と協力を拡大し、3カ国協力に一層大きな活力と力強さを吹き込まなければならない」と強調した。

 日本の林芳正外相は、3カ国が東アジアの平和と繁栄を保証するための責任を共有しているとし、若者の交流など人的交流が3カ国の国民の相互理解を深められるとの考えを示した。

 3カ国は1999年、フィリピン・マニラで開かれた東南アジア諸国連合(ASEAN)プラス3(韓中日)首脳会議で当時の韓国の金大中(キム・デジュン)大統領と日本の小渕恵三首相、中国の朱鎔基首相が会合したのを機に協力体制を発足させた。3カ国首脳会談を計8回開催し、2011年には3カ国協力業務を行う常設事務局「韓中日三国協力事務局(TCS)」をソウルに設置した。

 ただ、2国間の歴史・領土問題が続いているのに加え、米中対立も進み、3カ国協力は難航している。3カ国首脳会談は19年12月を最後に開かれていない。次回会談は韓国で開催される予定だが、2年以上行われていない。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。